バランサーの活用|日本の素晴らしきテクノロジーを知る

男性

製品の構造や仕組みを分析

ゼンマイ

リバースエンジニアリングとは製品を分解して構造や仕組みを分析することを言います。ソフトウエア製品においては人間が解読できる状態にするため逆コンパイルという作業を行いますが、知的財産権を侵害しないよう注意が必要です。

製品移載をスムーズに

男性作業員

手軽に重量物を移動

バランサーは工場などにおいて重量物を移動させたり、組み込みをしたりする時に補助的に活用される装置です。自動車の内装パーツなどの比較的小型の製品から、大型ディスプレイのガラス部品など、大きな部品に至るまで無重力状態において移動させる事ができます。作業者の負担を軽減するために様々な機構によるバランサーのタイプが製造されており、組み込みや作業環境などの条件により必要に応じて機種選択を行う事が可能です。例えば、エアバランサーであれば、コンプレッサーによる空圧を活用した可動式のクレーンを活用して重量物を軽く持ち上げたり、左右に移動させたりする事ができます。数十キロから百キロ以上に及ぶような重量物でさえもほとんど重量を感じず、無重力状態で移動や組み込みを行う事ができます。工場のライン設備などの生産設備における生産性向上に貢献する事ができる機器となっています。

身体的負担を軽減

例えば自動車の金属パーツ部品の組み込み作業は、重量があり作業車の身体に大きな負担を掛ける作業です。部品が重量物である場合には、作業車の腕力が必要な他にも、足や腰にも負担がかかる事は避けられません。しかしバランサーを補助的に活用した作業では、人力と機械との組み合わせによる複雑な作業をスピーディーにこなす事が可能になります。エアバランサーを活用した場合には、上下左右、手前や奥側にも自由に移動させる事ができます。そのため女性従業員でも重量物を軽々と持ち上げて自由に移動させ、組み込みを行うといった作業も行う事が可能になります。またロボットによる作業と違い、配線部にも配慮するといった複雑な組み付け作業にも配慮し、対応する事ができます。精密性が求められる複雑な作業においても従業員の負担に配慮した正確性の高い作業を行う事が可能になります。

電子機器を裏から支える

基板

プリント基板は一度作ってしまえば、時間をかけずに同じ品質のものを大量に作れるというメリットがあります。ただし回路設計者とプリント基板設計者が別になるので、回路設計者は遠回りに思えても、最初の打ち合わせで詳しく、分かり易い資料を準備し、相手に自分の意図が十分に理解されているかを確認することが重要です。

コンピューターの歯科治療

白い歯

セレックは、コンピューター制御の歯の修復物をつくるシステムです。かんたんで迅速、それに経済的です。その日のうちに治療を終えることもできます。また型どりの不快感もありません。アレルギーのない安心、安全なシステムなのです。